ローディング

オブリージュインターナショナル幼稚舎

英語保育の見学会ご案内
メールでお問い合わせ

園長ブログ

2018.10.15

長所を認め伝え、反復指導で忍耐強く

こんにちは。

日中の気温も落ちつき過ごしやすい毎日が続いていますね。

 

今回は「スタッフ心得7か条」の第2を紹介します。それは、

 

2、園児の長所を認め伝えながら、反復指導で忍耐強く導く

2)Direct and lead patiently the kids recognizing and praising good points.

 

というものです。

 

報告にはうれしいものも、そうでないものも当然あるわけですが、

スタッフから○○君が言うことを聞いてくれなくて困っています、

というような報告や相談を受けた事がこれまで何度もあります。

 

まずはしっかり耳を傾けて話を聞いたうえで、

その対応となればその子に応じて個別にいろいろんな

ことを話しますが、

行きつく先が、心得の第2にある

その子の長所は何か、それを本人に伝えながら、

言うべきことを我慢強く何回も何回も伝えていく。

そういう事になるわけで、その時には

スタッフにもこの第2条を思い出してもらうように

話してきました。

園児も自分の良さをわかってくれる先生に言われることは、

おもしろくないことでも、受け入れ方が違ってくるのではないでしょうか。

 

また、伝え方の工夫はいろいろしていいわけですし、

投げる球はカーブやフォークなどの変化球でもストレートな直球でもよしです。

要はいろいろと試みる努力を重ねるべきですね。

何がいけないかというと、その過程であきらめてしまうことでしょう。

この子は指導を受け付けないと投げ出してしまう事です。

 

私たち大人も、子ども時代に耳にタコができるくらい繰り返し

親や先生から聴いたことは、

何としてでもわかってもらいたい大事なことだったわけですよね。

 

また同じことを伝えなきゃいけないのかと思えば、イライラする気持ちも

生まれますが、その思いをぐっとこらえ再び向かっていく気力を

よみがえらせてくれるのがこの心得です。

 

 

 

 

 

 

トップへ
トップへ

お問い合わせ CONTACT

powerd by formy(フォーミー)